毛抜き処理と痛み

カミソリでの脱毛と並び、家庭行われる自己脱毛に毛抜きでの自己処理方法があります。
毛抜きでの処理はコストがかからないことが一番の魅力となっていますし、むだ毛を毛根から抜くので次の毛が生えてくるまでの間、結構時間がかかるためカミソリでの脱毛同様毛抜きでの脱毛を行なっている人も多くいるのではないでしょうか。
また断面でカットするのではないのでむだ毛の一本一本が太く見えてしまうということもなく比較的処理後はきれいに見えると思います。
しかし、毛抜きでの脱毛の場合痛みが生じてきます。
腕や足は痛みを強く感じますし、ビキニラインは特に敏感で非常に強い痛みを伴います。
また一本一本抜いていくので時間がかかりますし、自分で処理できる範囲が限られてくるかと思います。
ワキなどを脱毛する際には不自然な体制を長時間しなくてはならなく大変な作業になってきます。
またカミソリのように乾燥肌になってしまうことはありませんが、やはりお肌にはいいものではありません。
毛抜きで脱毛した場合、むだ毛を引っ張ると同時にその周辺の皮膚も伸展し毛穴とその周辺の皮膚が盛り上がってしまいブツブツと鳥肌のような状態になってしまいます。
また皮膚の下で毛が成長してしまう埋没毛になってしまうこともあります。
通常埋没毛は自然に治りますが、ひどい時には炎症を起こしてしまい赤く腫れ、薬や切開などの治療も必要になってくる場合もあるので注意が必要となってきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017夏を迎える準備をしよう♪薄着になれる素肌づくり♪.All rights reserved.