ワックスやテープでの処理方法

ドラックストアの脱毛商品では脱毛ワックスや脱毛テープなども多くよく目にすることと思います。
脱毛ワックスは液体を塗って固めてそれを一気に剥がしていきます。
脱毛クリームと間違われることがありますが、むだ毛を溶かし脱毛する脱毛クリームと、固まったワックスを剥がしてむだ毛を抜いていく方法の脱毛ワックスとでは処理方法が違ってきます。
脱毛テープは脱毛したい箇所にテープを貼り剥がすもので、脱毛ワックスと処理方法が一緒です。
ワックスやテープは毛根から抜くため脱毛の効果はクリームに比べると長く実感できると思いますが、ワックスとテープは脱毛の際に強い痛みを生じます。
脱毛ワックスの商品にはミツロウやパラフィンなどの成分が使用され、中には水あめを100%使用した商品などもあり身体に影響が少ないものが使用されていますし、むだ毛と共に古い角質を除去するので処理後の肌がスベスベになります。
しかし、人によってはむだ毛と古い角質だけでなく、皮膚そのものも一緒に剥がしてしまうことがある上に急激に引っ張ることで皮膚が鳥肌のようにブツブツになる場合や、埋没毛になる可能性もあるようです。
また、脱毛テープなどでは短い毛だと上手く抜けないことがあるのである程度の長さになるまでむだ毛を伸ばさないとならないと上手く脱毛出来ないので毎日のように肌を露出する夏などにはむだ毛を伸ばさないといけないということが女性にとってはデメリットとなってくるかもしれません。

話題の脱毛関連情報をチェックしよう♪



このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017夏を迎える準備をしよう♪薄着になれる素肌づくり♪.All rights reserved.