医療レーザーの方法

エステサロンでの脱毛の他に美容整形などの医療機関での脱毛もあります。
その方法は医療レーザーでの脱毛方法と医療電気による脱毛方法との二通りがあります。
これはエステサロンの光と電気による脱毛方法と同じように思われるかもしれませんが、違うものとなっています。
医療機関でのレーザー脱毛は黒いメラニン色素だけに反応し、毛根を破壊させるものです。
使用されるレーザーはエステサロンで行われる光脱毛と似ていますが、放出されるエネルギーや効果、安全性など大きく異なっています。
身体に影響のない出力となっているので害はありませんし、レーザーを照射するだけなので短時間で脱毛できます。
例えば両ワキの脱毛ですと5分から10分程度で終了します。
しかし永久脱毛する場合には毛の生え変わりの周期に合わせて3回から4回脱毛を行う必要があります。
また気をつけなければならないことにレーザー照射後に日焼けをしてしまうと色素沈着やシミになってしまうこともあるので十分注意が必要となってきます。
また、黒い色素に反応するので細い毛や白髪、またうぶ毛などには効果が得られない場合もあります。
ですが、脱毛の効果だけでなくレーザーによりワキガの原因のアポクリン腺にも作用し、ワキガの臭いも軽減されるというケースも中にはあるようです。
しかし、あくまでもそのようなケースもあるということなのでワキガ治療として行なわれているわけではないので注意してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017夏を迎える準備をしよう♪薄着になれる素肌づくり♪.All rights reserved.